ちわぷ〜の書評ブログ🐶

アラサーの物書き愛犬家の書評ブログです🐶

人生の岐路に立たされた人が集う店「BAR追分」

 

こんばんは、ちわぷ〜です!

また台風が発生しましたね!ウチも何度か停電しました( ;  ; )

 

雨がスゴくて外に出ることができなかったので、以前に読んだ本を読み返してました!

新宿の寂れた横丁を舞台にした作品です☆

「BAR追分」 伊吹有喜(著) 角川春樹事務所

あらすじ

新宿三丁目の交差点近くの、かつて新宿追分と呼ばれた街。

ねこみち横丁という、さびれた横丁の奥にBAR追分はある。

 

追分とは分かれ道のこと。

人生の岐路に立たされた人々が、今日もBAR追分に集まってくる…

新宿の寂れた横丁に集う人々の人間ドラマ

新宿って不思議な街ですよね〜

歌舞伎町みたいにイケイケな場所もあれば、ゴールデン街みたいな趣きがある飲み屋街もあって、新宿御苑でまったり日向ぼっこもできて…

コロナ前は仕事でよく行った街でした^ ^

 

本作の舞台となる横丁があるのは新宿三丁目なので、新宿御苑の近く、伊勢丹があるところら辺ですね!

 

本作はBAR追分に集った人生の岐路に立たされた人々の心温まる人間ドラマです!

新宿に思い入れがある方は特に刺さる作品になってるんじゃないかな〜と思います^ ^

まとめ

優しい作風でファンが多い伊吹先生。

伊吹先生の作風が好きな方にはドンピシャなストーリーになっていて、人気になって後にシリーズ化もされた作品です!

 

何を隠そう私も伊吹先生の大ファンで、本ブログの1本目の記事も伊吹先生の作品でした^ ^

本作品が気になる方は、こちらの作品もオススメです☆

               ↓

chiwawatan.hatenablog.com

こんな人にオススメ

新宿の寂れた横丁を舞台にした作品を読みたい方

優しい気持ちになれる作品をお探しの方

「犬がいた季節」など、伊吹先生のファンの方