ちわぷ〜の書評ブログ🐶

アラサーの物書き愛犬家の書評ブログです🐶

36歳未婚。彼氏なし、コンビニバイト歴18年…『コンビニ人間』

 

 

こんばんは、ちわぷ〜です🐶

今日は芥川賞を受賞した、異色の小説をご紹介いたします✴︎

コンビニ人間村田沙耶香(著)文藝春秋

あらすじ

大学を卒業しても就職せずに、コンビニのアルバイトで生計を立てる36歳未婚の恵子。彼氏ができた事もなく、コンビニバイト歴は18年。それでも、コンビニだけが恵子を満たしてくれた。

ある日、婚活目的の男性、白羽がアルバイトとして恵子のコンビニに入ってくる。

一体、”普通”とはなんなんだろう?

 

現代の空気感に合う名作。第155回芥川賞受賞作

高校時代コンビニでアルバイトをしていた、ちわぷ〜にはクリーンヒットな作品でした。コンビニバイト経験者だったら懐かしい気持ちになる細かい描写が多々出てきます。

かなりリアルに描いているので、今や日常生活に欠かせないコンビニの裏側が知れて、今後コンビニに行くのが楽しくなるんじゃないかな〜と思います。

 

子供の頃、「みんなちがって、みんないい」(金子みすゞ)と教わりながらも、いつしかみんな同じな”普通”の生き方を選択していき、そこから外れてしまうと変わり者として遠ざけられてしまう同調圧力

様々な解釈ができる作品だと思います。

まとめ

この作品では何度も何度も”普通”とは何か?と考えさせられます。

移り変わっていく世の中で”普通”とは一体なんなんでしょうか?

 

こんな人にオススメ

一気読みできる小説をお探しの方

コンビニの裏側を知ってみたい方

かつてコンビニに携わるお仕事をされていた方

考えさせられる小説をお探しの方