ちわぷ〜の書評ブログ🐶

アラサーの物書き愛犬家の書評ブログです🐶

ホグワーツレガシーで闇の魔法使いと化している話と、穂村さんの読書日記「図書館の外は嵐 穂村弘の読書日記」

 

こんにちは、ちわぷ〜です!

 

お年玉扱いで買ったホグワーツレガシー、仕事が忙しくてちょびっとずつですが楽しんで進めております!

 

ホウキが鳥にアップグレードされるも、ホウキのスピード感がちょうど良い私は、意味もなく無心でホウキで空中徘徊。

そして、闇魔法が使える様になってびっくり!しかも反則レベルでメチャクチャ強力!

 

こういう時は躊躇わず、敢えて闇堕ちしてみる私。

主人公の顔も闇の魔法使いっぽくデザインしてますし、使わない方が不自然。

たとえザコキャラが相手でも、容赦せず闇魔法を連射しまくりです(笑)

現実世界じゃ絶対ダメだけど、ワルになりきれるのもゲームの魅力の一つ。

 

強いて言えば、この手のゲームなので、モンハンみたいに他の人と旅したらもっと面白そう。モンハンやった事ないけど。

しかし、一人でやるなら一人でやるなりの、いや一人じゃなきゃできない楽しみはあります。

 

スターウォーズはアナキン推しの私は、悲劇に酔いしれながら闇堕ち、

そして感情のピークで闇魔法クルーシオを発動する事を選択。じゃなければ闇魔法は使えないという設定。

最初は闇に堕ちるだけの壮大なテーマを掲げながら感情を昂らせてましたが、そんな物は早々にネタ切れ。世の中意外と捨てたもんじゃないなと実感。

 

今は闇魔法を発動する事もままならず、やれ割り箸が綺麗に割れなかっただとか、やれ酔っ払ったおじさんがバレエを踊っているのを目撃してしまっただとか、ほとんどイチャモンを付けるかの如く、世の中の嫌な事を探し、見つけ次第クルーシオを発動。

 

なんかどうでも良い日々のちょっとした悲しい出来事も、こうしてみるとちょっぴりスッキリするから不思議なもの。

 

どうやら他にも闇魔法があるっぽいんでコンプリートを目指します!

みんながみんな、主役になれる。あーゲームってやっぱり素晴らしい☆

 

ポケモンアルセウスのシリーズも25年に2作目が出るとか。

アルセウスも最高だったので、次に舞台になるのは私がやった事ないXYの街らしいけど、時間ができたらポケモンXYをやってみようかな〜とか、

 

クレヨンしんちゃんのオラ夏のヤツの2作目もこないだ出て、面白そうだしやりたいな〜でもあの手のゲームは夏にやるのが良いんだよな〜とか

 

社会に出てから全然やっていなかったのに、気づけば小学生バリにゲームの事で頭が一杯のアラサー。

しかし現実は仕事で手一杯でなかなか全部は手を伸ばせないのだけれども、考えているだけでも楽しいですね!やっぱりゲームは素晴らしい!

 

みなさんも是非色々とやってみてください^ ^

 

さて、本日の書籍は、本選びの参考にさせて頂いている穂村弘さんの読書関連本。

 

本日は読書日記です☆

「図書館の外は嵐 穂村弘の読書日記」 穂村弘(著) 文藝春秋

内容

エッセイが大人気の天才歌人穂村弘さんの読書日記。

 

以前取り上げたものと比較すると、海外の作家のものもあり、

「これから泳ぎにいきませんか」よりはエッセイっぽい読み口で、

「きっと、あの人は眠っているんだよ」よりは本の内容に触れた感じで、

つまり丁度良い塩梅!

穂村さんの読書関連本なら一番最初にオススメしたい!

3作読んだ感じですと、本書が一番読みやすくて、楽しみながらそれ私も読も〜なんて参考にもなった一冊でした!

 

当ブログでもご紹介させて頂いた「QJKJQ」のトピックでは、そうそう良かったよね〜と共感。

chiwawatan.hatenablog.com

 

そして、エッセイ系の書籍を最近読み始めた私にとって又吉さんの「蕎麦湯が来ない」のトピックはメッチャ有用!

今度絶対読もう〜と思いました☆

まとめ

あなたもきっと穂村さんの読書関連本を読めばきっと読みたい本と出会える!

穂村さんの感性が好きな方は、是非ともチェックしてみてください☆

 

穂村さんの読書日記は、以前オススメしたこちらの書籍もオススメです!

chiwawatan.hatenablog.com

ランキングに参加してみました!もしお手間じゃなければ、ポチっとして頂けますと幸いですm(_ _)m

こんな人にオススメ

穂村さんのファンの方

 

一年に一度、ゾロ目の年齢の人を狙った連続殺人事件…「黒猫の三角」

 

こんにちは、ちわぷ〜です!

 

先週Xシリーズを読破し、今度はVシリーズを読み始めております!

今回は第1作目!他のシリーズを読んでいなくても楽しめますので、是非覗いて行ってください!

個性的な探偵が活躍するシリーズとなっております☆

黒猫の三角森博嗣(著) 講談社 

あらすじ

一年に一度、ゾロ目の年齢の人がターゲットとなる、不思議な連続殺人事件があった。

今年44歳になる依頼者に脅迫状の様な物が届き、探偵である保呂草と阿漕荘の愉快な仲間達は依頼者を護衛するのだが…

今シリーズもメンツが強力!

まだ一作目ではありますけど、既にそれぞれポテンシャルが凄すぎる!

謎の探偵、何故か女装している男子、などなど…

このメンツがシリーズが進んでいってどうなるのか、本当に楽しみで今シリーズも読破を誓いました!

 

阿漕荘というボロアパートに住む面々がメインキャラなんですが、青春物っぽくなりそうな匂いがあったり、個々のエピソードがどう進行していくのか楽しみ!

 

謎も面白く、一年に一度、ゾロ目の日にゾロ目の年の人が狙われるという面白い設定で、今まで読んできたXシリーズ、XXシリーズと違い、理系っぽい匂いなんかも入ってきたりする。

タイトルにそんな意味があったとは…

 

一風変わった設定の事件でも、随所随所でXXシリーズっぽいグサっと来る部分もあり。

「馬鹿と嘘の弓」を思い出しました。

chiwawatan.hatenablog.com

終わり方も非常に良く、2作目を読まなきゃとすぐに続きに取り掛かってもうだいぶ読みました(笑)

一作目から、バランス良い良作で、このシリーズも面白いんだろうなぁと期待が増しました☆

まとめ

森先生の初期のシリーズで、個性的な面々が活躍するシリーズです!

 

まだ2冊目の途中なので、どんなシリーズになっていくかまだ想像できない部分もありますが、チョコチョコ取り上げて行きますので、面白そうだな〜と思ったら是非読んでみてくださいね〜☆

 

森先生のミステリーシリーズは、以前ご紹介したXシリーズもオススメです☆

chiwawatan.hatenablog.com

ランキングに参加してみました!もしお手間じゃなければ、ポチッとして頂けますと幸いですm(_ _)m

こんな人にオススメ

個性的な面々が活躍するミステリーシリーズが好きな方

森先生のファンの方

タラちゃんが筋肉増量剤を使ってオリンピックを目指す話、見たかった…「三谷幸喜 創作を語る」

 

こんにちは、ちわぷ〜です!

 

先日読んだダヴィンチで、ゴッドタンの佐久間Pがオススメしていた書籍を読んでみましたので、ご紹介いたします!

 

清洲会議」までの、三谷幸喜さんの創作活動を振り返る内容で、ファンの方には読み応えありだと思います!

三谷幸喜 創作を語る」 三谷幸喜 松野大介 講談社

内容

デビューから「清洲会議」までの三谷幸喜さんの創作を振り返る内容。

 

サザエさんでボツになった秘話、歴史物で意外な人物を主役に据える着眼点などなど、三谷幸喜さんの作品のファンにはたまらない内容!

タラちゃんが筋肉増量剤!?これを読んで鎌倉殿が腑に落ちた!

といっても、鎌倉殿はレコーダーが途中で壊れてしまって、源頼朝の最期のところまでしか見れていないのですが(^◇^;)

NHKオンデマンドって、いつ入ろうが毎月1日課金なので、できれば月初めから見たいのだけど、忙しかったり忘れちゃったりで、なかなか加入できないんですよね(笑)

 

4月14日までネットフリックスに加入してるんで、できれば5月1日から見たいな〜と思ってますが、覚えてられるかどうか^^;

 

NHKオンデマンド談義はこの辺にしますが、どうしてこの人物を主役に?という疑問があった小栗旬さん主演の鎌倉殿。

源頼朝とか、源義経とか、華のある人物がたくさんいる中、そこまでメジャーではない人物を主役に据えています。

 

けど、この書籍の「おのれナポレオン」の創作秘話を読むと、なるほどそういう着眼なのか!と腑に落ちる部分があり、無性に続きが見たくなりました!

 

意外な人物を主役に据える、題材の探し方の話もなんかひねくれていて好き(笑)

 

それで言うと、舞台になっちゃいますが、「彦馬がゆく」が好き。

たぶん、着眼点としては「おのれナポレオン」と一緒なのですが、幕末の偉人達を撮影した写真家の物語。

 

映画化してくれないかな〜と思うくらい、個人的には三谷さんの中で一番好きかも。

なかなかチェックする機会は無いかもですが、演劇好きの方は是非DVDでチェックしてみてください☆

 

あと、忘れちゃいけないのがサザエさんの話!

デビューした頃に何本か書かれたらしいのですが、その中でボツになったタラちゃんが筋肉増量剤を使ってオリンピックを目指す話が強烈過ぎた(笑)

 

なんか、クドカンが『GO』の初稿で、リーゼントのヤンキー達が延々と因縁を付け合っているオープニングを書いてボツになったみたいな話を思い出しました(笑)

 

タラちゃんがマッチョになる話、ちょっと見たいかも(笑)

まとめ

三谷幸喜さんのデビューから清洲会議までの創作を振り返る内容で、有頂天ホテルとかの傑作の裏話にはおおっ!となり、デビューした頃の見た事の無い作品の話は、へぇ〜と思いながら楽しめました!

 

やっぱり猫が好き」「振り返れば奴がいる」の秘話は、そのドラマを見た事がない私でも楽しめるというか、スゴイ秘話(笑)

 

やはり佐久間 Pのオススメはハズレなしです!

三谷幸喜さん関連で他の書籍も挙げられていたので、そちらも近く読んでみようかな〜と思います☆

 

佐久間Pのオススメは、以前ご紹介したこちらの漫画もオススメです☆

chiwawatan.hatenablog.com

ランキングに参加してみました!もしお手間じゃなければ、ポチっとして頂けますと幸いですm(_ _)m

こんな人にオススメ

三谷幸喜さんのファンの方

新人女性探偵&美大生男子コンビが活躍する、森博嗣の傑作ミステリー Xシリーズ!

 

 

こんにちは、ちわぷ〜です!

 

1ヶ月半掛かりで、ついに森博嗣先生のXシリーズを読破いたしましたので、ここでまとめさせて頂きます☆

 

Xシリーズの魅力!

新人女性探偵と美大生男子という、とても面白い組み合わせのミステリーでした!

ミステリーの部分ももちろん、探偵役二人の掛け合いがコミカルで面白く、読みやすいミステリーシリーズでした☆

 

ミステリー特有のもったいつけた言い方もなく、そういうのが苦手な方にもオススメ!

メチャクチャ複雑!ってわけでもないので、ミステリー初心者にも読みやすいシリーズになります☆

Xシリーズ第1作目「イナイ×イナイ

探偵助手になったばかりの小川と学生のお手伝いさんである真鍋君は、依頼を受けて調査を開始する。

依頼人の千春の家の地下には、千春の双子の兄である美しい男が幽閉されているという話を聞き…

chiwawatan.hatenablog.com

Xシリーズ第2作目「キラレ×キラレ

満員電車内で女性(真鍋君に言わせれば、もう若くない)を狙った連続切り裂き事件が発生する。

路線も違い、通り魔的犯行の様に見えるが実は…

chiwawatan.hatenablog.com

Xシリーズ第3作目「タカイ×タカイ

有名な女性マジシャンの家の敷地内で殺人事件があった。

その遺体はとても高いポールの上にあり、どうやってそこまで持ち上げたのかは謎に満ちていた…

chiwawatan.hatenablog.com

Xシリーズ第4作目「ムカシ×ムカシ」

小川と真鍋は、ある殺人事件があった美術マニアの家で競売の準備をしている。

その家は、大正時代に一流女流作家を輩出していた。

手が足りず、真鍋の同級生の永田が短期バイトで加わる事に。

謎を解く鍵は、カッパの頭のお皿!?

chiwawatan.hatenablog.com

Xシリーズ第5作目「サイタ×サイタ」

匿名の依頼で、ある男を尾行する事になった小川と真鍋。その男は、元妻にストーカー行為の様な事をしていた。

その男と世間を騒がせている爆弾魔が次第に結びついてゆき…

chiwawatan.hatenablog.com

Xシリーズ第6作目「ダマシ×ダマシ」

小川に次に舞い込んで来た依頼は、結婚詐欺だった。

そして、それぞれが人生の岐路に立たされて…

chiwawatan.hatenablog.com

 

Xシリーズまとめ!

とにかくキャラの掛け合いのテンポが良く、ユーモラスですっごい笑えて来る!

そして、大体のシリーズものって尻切れトンボですが、このシリーズは一味違う!

尻上がりにシリーズは盛り上がってゆき、最後まで本当に楽しめる!

 

最終的にはキャラクター一人一人が愛おしくなってどうしようもありませんでした☆

6作品ですが、一冊のページ数はミステリーにしてはそこまで長くはなく、ミステリーシリーズは初めてだよ〜という方にも読みやすいかと思います(^ω^)

XXシリーズもオススメですよ!

ちなみに、現在描かれているシリーズのXXシリーズもオススメ!

時系列はXシリーズの後ですが、こちらから読んでも問題ナシ!

(私もこちらから入った口)

 

Xシリーズ同様に小川が活躍しますよ!

 

XXシリーズ第1作目「馬鹿と嘘の弓」

ホームレスという生き方を選んだ、若い青年の生き様…

chiwawatan.hatenablog.com

XXシリーズ第2作目「歌の終わりは海」

読み終わった後に表紙を見るとグッとくる…

chiwawatan.hatenablog.com

XXシリーズ第3作目「情景の殺人者」

Xシリーズにも通ずる探偵役の間の抜けた掛け合いがとても面白い!

chiwawatan.hatenablog.com

 

是非、森先生のミステリーシリーズをお楽しみくださいね〜!

 

ランキングに参加してみました!もしお手間じゃなければ、ポチっとして頂けますと幸いですm(_ _)m

こんな人にオススメ

個性的な探偵が活躍するシリーズをお探しの方

森先生のファンの方

 

【祝!本屋大賞受賞!超速報!)「成瀬は天下を取りにいく」(再掲載)

 

 

こんにちは、ちわぷ〜です!

 

本日は超速報!本屋大賞受賞作が決定しました!

ついつい手を休めて受賞の中継を見てしまい、

宮島先生の受賞の挨拶で「膳所から来ました」と言ってて、読んだ人だったら多分大爆笑だったと思います(笑)

 

再掲載にはなりますが、続編も出て勢いがある成瀬シリーズ!

ぜひこの機会に読んでみてください(^ ^)

 

2位だった「水車小屋のネネ」もオススメです☆

chiwawatan.hatenablog.com

 

「成瀬は天下を取りにいく」 宮島未奈(著) 新潮社
あらすじ

滋賀県大津市に住む中学生の成瀬。

近所の西武大津店が閉店する事になり、地元のテレビで毎日生中継で店内から放送をしている。

成瀬は何故か西武ライオンズのユニフォームを着て毎日映り込む事にして…

 


破天荒女子、成瀬を中心とした連作集!

破天荒という言葉はこの人のためにこそある!

何となくタイトルに惹かれ、あらすじも特に読まず手に取りました!

可愛らしい少女、野球のユニフォーム、なんとなく爽やかな青春ものをイメージしてましたが、爽やかなんだけど良い意味で裏切られました(笑)

成瀬が濃ゆすぎて濃ゆすぎて、私の大好きな奴だ(笑)

 


200歳まで生きる事を目標にしている成瀬を中心に描かれる、中学〜高校までの物語。そう聞くと長そうと思うかもしれませんが、201ページでそんなに文章も詰まっていない。

 


成瀬の挙動を一つ一つ挙げるとどうしてもネタバレになるんで書けないんですけど、

もうあらすじでお察しください(笑)

そしてお察し頂いたとしても、絶対に想像の斜め上を行ってます。

とにかく、じっとしていられない人。勢いありすぎ。

 


本屋大賞ノミネートも頷ける、すごく元気になる一冊でした!

そして何やら続編もあるとか!

絶対に読みたい☆

まとめ

破天荒女子のコロナ禍における青春物語!

とても前向きにな気持ちになれる作品ですので、最近元気ないな〜という方にもオススメ!

読み終わった直後で元気になり過ぎてしまったので、ただいま22時半ですが、これから夜桜見物に行こうかなという気にさえなっています☆

 


続編も絶対に読みたい作品でした^ ^

 


今回の本屋大賞は、発表前に候補作10作中4作を読む事ができました!そして、この間ご紹介したこちらの作品は、成瀬に負けず劣らずのファンキーな鳥が出てきてオススメです☆

今年の本屋大賞は何だかキャラが濃ゆい(笑)

chiwawatan.hatenablog.com

ランキングに参加してみました!もしお手間じゃなければ、ポチッとして頂けますと幸いですm(_ _)m

こんな人にオススメ

破天荒女子の青春物語を読みたい方

宮島先生のファンの方

リンク

ヤクルト1000がやはり最高すぎる話とマニアック過ぎて誰も読んでくれなさそうな書評「日本の民話21 長崎篇・天草篇」

 

こんにちは、ちわぷ〜です!

 

本日、4月10日は本屋大賞の発表日!どの作品が受賞するのか楽しみですね〜!

 

昨年、ヴェルバラの記事でちょこっと書いた様に1月半ばくらいからヤクルト1000を飲んでます!

これを書いてる段階で1ヶ月もう飲んでますが(書いてる時は2月14日)

もう、メチャクチャ良い!おかげで忙しいですけど良い感じに仕事できてます(^^)

 

懸念していた品薄による、ヤクルト1000の売人ことヤクルトレディという魔性の女との契約という名のしがらみはもう大丈夫!(ただ単に親切に運んできてくれてるというだけの話なのに随分な言い草)

 

相変わらず品薄ですが、以前に比べれば手に入る様になりましたし、やたらと入荷しているウェルシアも発見しました!

 

ヤクルト1000、カルピス睡眠の質に対する力説はこちらの記事をぜひお読みください☆

chiwawatan.hatenablog.com

 

はい、そして今回はこの上なくマニアック過ぎる一冊!

ヤクルト1000のサポートにより、寝る間も惜しみ天草四郎関係を調べています!

そうなると、現地に伝わる伝承なんかも参考にしたい!

というきっかけで、手に取った物です!

 

長崎、天草の伝承というピンポイントなところに興味のある超特定の方には必見の一冊でした☆

「日本の民話21  長崎編・天草編」 

内容

長崎、天草地方に伝わる伝承を超丹念な取材で選りすぐった読み応えのある一冊。

これ以上は逆さにしても何も出てこないというくらい、この地方の伝承を拾い集めた感じのメチャクチャ分厚い一冊

この地方の伝承はやはりキリスト教絡みも多い

本当は現地に赴くべきなのですが、予算の都合上それも叶わない事も多々あるのがしがないフリーランスの辛いところ。しかも今回は長崎、天草という未踏の地。

天草は熊本県宮本武蔵関連を調べていた時に五輪書が書かれた熊本の超山奥には行った事がありますが、天草はまた別物でしょう。

 

しかし、私には裏技があります。それが本日ご紹介のマニアックすぎる一冊。

調べごとに対してこの手のアプローチを使うのは久々。

その土地に伝わる昔話で、けっこう土地のカラーが分かったりするんですよね〜

 

この地域といえば、私が現在調べている島原の乱

他の地域だと一切ないのですが、この地域の伝承はけっこうキリスト教関連が多め。

雪のサンタ・マリアは深い話でした。

 

後は、女性も子供までも皆殺しになってしまった島原の乱に於いて、唯一生き残ったとされる南蛮絵師、山田右衛門作

島原の乱後、江戸で幕府のために尽くし、最終的には故郷に戻ったという話は聞いてましたが、故郷に戻った後の伝承がしっかりとありました。

 

どんな思いで故郷に戻ったのか、思いを馳せずにいられません。

伝承が残ってるくらいだから、やはり色んな意味で世間の目があって、それでも最期は故郷で迎えたかったんだろうなぁ、と…

 

そして、他の地域同様に仏教のお寺の昔話なんかもあるのですが、それがもう驚くくらいメッチャオーソドックスなどこかで聞いた事ありそうな幽霊ネタ。

 

それを読むだけでも、あぁちゃんと仏教も根付いてたんだよなぁ、

だからこその島原の乱の時に仏教のお寺も大変な事になっちゃったんだよなぁ、と改めて深く理解できたり、私にとっては、とっても仕事に役立つ有用な一冊でした!

 

あと、みそ五郎どん、という謎のヒーロー的伝承、それに添えられたイラストがなんだかツボでした(笑)

みそが好き過ぎて食べまくっていたかた、みそ五郎どんと呼ばれたというだけの話みたいです(笑)

 

天草の猿かに合戦などなど、日本昔ばなし的な物もちゃんとありました☆

まとめ

もう興味のある人は読んでくださいね!としか言えないマニアックな一冊です(笑)

 

この地域の隠れキリシタン関連の伝承が知りたい方は、以前オススメしたこちらの写真集にもけっこう文が載っていてオススメです☆

chiwawatan.hatenablog.com

ランキングに参加してみました!もしお手間じゃなければ、ポチっとして頂けますと幸いですm(_ _)m

こんな人にオススメ

長崎、天草の伝承に興味のある方

 

【本屋大賞候補作!】破天荒という言葉は、この人のためにこそある「成瀬は天下を取りにいく」

 

こんにちは、ちわぷ〜です!

 

いよいよ明日、発表を控える本屋大賞

3日連続で候補作をご紹介しております!

本日はとても前向きな気持ちになる、なかなかぶっ飛んでいるキャラが魅力の作品をご紹介いたします☆

「成瀬は天下を取りにいく」 宮島未奈(著) 新潮社

あらすじ

滋賀県大津市に住む中学生の成瀬。

近所の西武大津店が閉店する事になり、地元のテレビで毎日生中継で店内から放送をしている。

成瀬は何故か西武ライオンズのユニフォームを着て毎日映り込む事にして…

 

破天荒女子、成瀬を中心とした連作集!

破天荒という言葉はこの人のためにこそある!

何となくタイトルに惹かれ、あらすじも特に読まず手に取りました!

可愛らしい少女、野球のユニフォーム、なんとなく爽やかな青春ものをイメージしてましたが、爽やかなんだけど良い意味で裏切られました(笑)

成瀬が濃ゆすぎて濃ゆすぎて、私の大好きな奴だ(笑)

 

200歳まで生きる事を目標にしている成瀬を中心に描かれる、中学〜高校までの物語。そう聞くと長そうと思うかもしれませんが、201ページでそんなに文章も詰まっていない。

 

成瀬の挙動を一つ一つ挙げるとどうしてもネタバレになるんで書けないんですけど、

もうあらすじでお察しください(笑)

そしてお察し頂いたとしても、絶対に想像の斜め上を行ってます。

とにかく、じっとしていられない人。勢いありすぎ。

 

本屋大賞ノミネートも頷ける、すごく元気になる一冊でした!

そして何やら続編もあるとか!

絶対に読みたい☆

まとめ

破天荒女子のコロナ禍における青春物語!

とても前向きにな気持ちになれる作品ですので、最近元気ないな〜という方にもオススメ!

読み終わった直後で元気になり過ぎてしまったので、ただいま22時半ですが、これから夜桜見物に行こうかなという気にさえなっています☆

 

続編も絶対に読みたい作品でした^ ^

 

今回の本屋大賞は、発表前に候補作10作中4作を読む事ができました!そして、この間ご紹介したこちらの作品は、成瀬に負けず劣らずのファンキーな鳥が出てきてオススメです☆

今年の本屋大賞は何だかキャラが濃ゆい(笑)

chiwawatan.hatenablog.com

ランキングに参加してみました!もしお手間じゃなければ、ポチッとして頂けますと幸いですm(_ _)m

こんな人にオススメ

破天荒女子の青春物語を読みたい方

宮島先生のファンの方