ちわぷ〜の書評ブログ🐶

アラサーの物書き愛犬家の書評ブログです🐶

秋田マタギの一代記「邂逅の森」

 

こんばんは、ちわぷ〜です!

 

先日の出張の際に、ずっと読みたかった長編小説を一気読みしましたので、ご紹介させていただきます!

直木賞&山本周五郎賞W受賞の良作になります☆

「邂逅の森」 熊谷達也(著) 文藝春秋

あらすじ

秋田の農村に貧しい小作の倅として生まれた富治は、伝統の阿仁マタギに加わり、狩猟と山の魅力に取りつかれてゆく。

富治は地主の一人娘、文枝と恋に落ちるが、二人の恋は阻まれ、富治は村を追われてゆく…

大正期のマタギの一代記

本作は富治の生涯を通して、大正期のマタギの生き様を描いた壮大な物語です。

そもそもマタギという言葉自体が山の中でしか使わない隠語で、当時は一般に浸透していなかったとか!

 

マタギの事は何も知らなかったので、勉強になる事が多く、特に狩猟に興味があって読み始めたわけではなかったのですが、壮大な物語にいつの間にか没頭していました!

まとめ

大きな賞をW受賞しているだけあって、グイグイと読ませる作品でした!

マタギだけではなく、鉱山の話もけっこう出てくるので、そちらに興味がある方にもオススメの作品です(^ ^)

 

寒い冬の夜に読むのにぴったりな物語でした☆

こんな人にオススメ

大正時代のマタギに興味のある方

猟師を描いた作品に興味のある方

大正時代の鉱山に興味のある方