ちわぷ〜の書評ブログ🐶

アラサーの物書き愛犬家の書評ブログです🐶

あの”富良野塾”をモチーフにした芥川賞受賞作「しんせかい」

 

こんばんは、ちわぷ〜です🐶

ちわぷ〜は昔のドラマの雰囲気が好きで、自分が生まれる前の作品とかもよく観ているのですが、今までのベストは「北の国から」です^ ^

今回は「北の国から」で有名な脚本家、倉本聰先生が1984年〜2010年の長きに渡り、脚本家・俳優を養成していた”富良野塾”をモチーフにした小説をご紹介いたします☆

「しんせかい」山下澄人(著)新潮社

あらすじ

高校卒業後、フリーターをしていたスミトは、少し気になる女の子を置いて、北海道へ旅立つ。そこでは俳優や脚本家を目指す若者達が、大ヒットドラマを手掛けた有名脚本家の”先生”の元、自給自足の日々を送っていた…

知られざる富良野塾での生活を描く 芥川賞受賞作

北の国から」シリーズが好きな方はたくさんいると思いますが、脚本家である倉本聰先生が私財を投げ打って富良野塾という脚本家・俳優の養成所を開いていたのを知らない方も多いのではないでしょうか?

(「Dr.コトー診療所」の脚本家、吉田紀子さんら、多くの卒業生が活躍中)

 

北の国から」の映像からもお分かり頂けるかと思いますが、富良野大自然の中、一同で共同生活を行い、なんと一期生、二期生は自分達の住むところから作り始めたという…まるで黒板五郎の様ですね(^ ^)

単に脚本家や俳優の技術を習得するだけではなく、活きた学びを実践する養成所だった様です。

まとめ

 

著者の山下澄人さんは富良野塾の二期生だったそうで、主人公の名前もスミト…

もちろんフィクションなのである程度脚色はされているかと思いますが、富良野塾での生活が垣間見得て興味深かったです(^ ^)

こんな人にオススメ

北の国から」ファンで富良野塾にも興味のある方

北海道を舞台にした小説を読みたい方

共同生活に興味のある方